中西良太の弾き語らう日常
~音楽と言う長いトンネルの中で~
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2016/09/26(月)   CATEGORY: 未分類
10/1の自分へ

今、張り詰めていた気持ちから解放されて、安堵の中このプログを読み返していると思う










一通のLINEが届いたのはつい数日前のこと


開いた動作と身体にかかる重力みたいなものが同時に襲ってきたのを覚えてる




それは、kodouライブが10日後に迫った日、メンバーからライブを辞退させて欲しいとの内容だった




体調不良で、ギリギリまで悩んだけどやはり出演は厳しいとの事。
丁寧な内容で、音楽を本当に大事にしてる人間なのは知っているし、悔しい気持ちも伝わってきた



「わかった」




それは仕方が無いことだった



心配と共に、
一転、窮地に立たされた僕は一晩悩んだ




今出来ることをひたすら考えた






結果、何が大事か、何を大事にしなければならないか




そういうものがくっきりと浮き上がってきた



音楽とかアレンジとか編成とか色々は全て“方法”で



自分がやりたい事、伝えたい事に対して、期待や、信頼してくれてる人、このわずかかもしれないけど、かけがえの無い人たちを裏切りたく無い





それが、今までやってきた事やしやるべき事やと思った





翌日には決意は決まっていた








残りのメンバーだけでやろう









代打を探して付け焼き刃でなんとかなる程も時間が残されてなかったのは勿論だけど、




悔しくも辞退を“決断”したことが、残されたメンバーに火を付けた



少なくとも僕は燃え上がっていた





一旦方向が定まると後は早い



セトリ、アレンジを組み直して、メンバーに送り


翌日のリハで皆驚くべき集中力で曲に血が通っていくのを感じた




それはみんな感じてたと思う




これ程痛快な事はなかった




決断したメンバーも含め、全員で戦っているのを感じたから
勿論写真家の利久さんも含めて




痛快でしかなかった




最近、写真や絵や舞台やいろんな人と話す機会が増えてきて思う事がある




音楽だけじゃなくて、ナマモノで戦ってる人全てに共通するもの




最後の最後まで予断を許さない、瞬間瞬間の戦いがあるから面白い



もう八方塞がりだと思っても一瞬の隙間から全てが変わる事はごくごく普通に起こりうる



なんとなく形にするのではなくて、どうしても大事にしているものを守りたかったのでクオリティを落としたくなかった



結果



今、もの凄いものがうねりを上げている


元々アコースティック、戦い方は無限大にある




明日、最終リハ




もう本当に楽しくて仕方が無い
開き直ってるわけじゃなくて
本当に


この前のスタジオ録りを聴き返してもう本当に良いんです




音が生きてる







kodou vol.2
ホンマにヤバイ事になると思う
もう1週間切ったけど時間空いてる方は是非感じに来て欲しい



“そう言う日”になると思うから


10/1(土)梅田ALWAYS(昼)
中西良太×利久紗耶香presents
「 k o d o u vol.2 」
オープン/スタート 12:00/12:45
チャージ2000円 +1Drink
チケット予約はこちら↓
kodouサイト
http://nakanishiryota.info/kodou
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 中西良太の弾き語らう日常. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。